逮捕の岐阜市職員らを加重収賄などの罪で起訴

逮捕の岐阜市職員らを加重収賄などの罪で起訴

0件の返信スレッドを表示中
  • 投稿者
    投稿
    • 名無しの被害者
      ゲスト

      岐阜市の公共工事の入札で、最低価格を業者に教えた見返りに自宅の修繕工事をしてもらったとして逮捕された市の職員が、加重収賄などの罪で起訴されました。

      起訴されたのは、岐阜市上下水道事業部施設課の管理監、大野康弘被告(53)とすでに事業を停止している岐阜市の水道工事会社「沢田工業」の元代表取締役、澤田浩二被告(59)です。
      起訴状によりますとおととし9月に行われた岐阜市の配水管工事の入札で、大野管理監が澤田元代表取締役に最低価格を教えて、最低価格をわずか39円上回る価格で落札させ、その見返りとしておよそ6万5000円かかる自宅の修繕工事を無償で行ってもらったとして、大野管理監は加重収賄などの罪に、澤田元代表取締役は贈賄などの罪に問われています。
      検察は2人の認否を明らかにしていません。
      2人は、ことし7月の入札をめぐっても必要な情報を漏らしたとして、入札妨害などの疑いでも起訴されています。

      https://www3.nhk.or.jp/lnews/gifu/20211029/3080007422.html

      Attachments:
0件の返信スレッドを表示中
返信先: 逮捕の岐阜市職員らを加重収賄などの罪で起訴
あなたの情報: